素早い対応が好結果を生む!風評被害の解消法

7月 27, 15 • 未分類素早い対応が好結果を生む!風評被害の解消法 はコメントを受け付けていません。Read More »

言われ無き悪しき風評はその大半がネット経由から

自分の見覚えの無い様な風評被害はその多くが投稿自由・匿名可能な掲示板やフォーラムといったソーシャルから発生するケースが非常に多くなっています。自ら多数の人間を相手に商売やビジネスを展開している場合、こうした動きには特に敏感になっておく必要があるでしょう。自らの商品やサービス等の商材に関連する評価サイトや匿名掲示板を始め、特に知名度の高いサイトについては定期的に巡回し、不自然な悪評が立っていないかどうかをチェックするべきです。

先ずは冷静にこちら側に非があるかどうかを見極める

匿名掲示板や評価サイトで自分の商売やサービスに対しての多くの悪評を目にするとつい冷静さを失い、下手をすれば被害者妄想的な考え方に陥ってしまうケースもあります。これらの悪評が風評被害に値するかどうかは、先ず落ち着いてこちら側に非が無かったかどうかを確認する作業から始めましょう。むしろその事によりこれまで完全に見落としていたこちら側の不備や欠点が判明する事もあり、逆に役立つケースも少なからずあるのです。これら詳細な確認作業においてもこちら側の非は全く無いと自信を持って判断出来た時点で、初めて風評被害として対策を立てる事が出来るのです。

個人の力に限界を感じたなら専門業者へ相談を

既にこうした風評被害が広範に広がってしまった場合、釈明と名誉の回復を個人で地道に展開しても中々効果が現れないものです。ネットにさえ繋がっていれば地域関係無くごく短時間のうちに悪しき風評が広がってしまいますから、こちら側としてもネットを利用した対策を立てざるを得なくなるでしょう。今ならこうした被害を速やかに解決に導くリスクコンサルタントを擁した専門業者が国内各地に展開しており、ネットワークに無知な人でも気軽に相談出来る体制が築かれています。前述の様に解決もスピードが絶対条件となりますから、24時間受付けの業者に速やかに連絡・相談をするのがベストとなるでしょう。

名誉を傷つける悪質な書き込みがされている場合は、情報開示請求を行なって書き込みをした人物を見つけ賠償請求するのが誹謗中傷対策の流れです。

Comments are closed.