ストックするコピー用紙の品質に影響!?有効な保管術選び

6月 18, 15 • 未分類ストックするコピー用紙の品質に影響!?有効な保管術選び はコメントを受け付けていません。Read More »

紫外線を避ける!美しい白色のコピー用紙

印刷のためにはコピー用紙を用意しておく必要があり、コピー機やプリンターの使用に備えてストックがあります。いざという時にコピー用紙が用意されているというのは、大変心強いことでしょう。ただし、保管方法に問題があれば、せっかくのコピー用紙も無駄にしてしまいかねません。注意しておくべきであるのは、直射日光を避けるということです。美しい白色のコピー用紙も、紫外線の影響を受けて黄色く色あせてしまう恐れがある事から、保管には配慮が必要ですね。

湿度が大敵!コピー用紙の保管の換気

コピー用紙は紙であるため、ある程度の吸水性を持っていることが特徴的です。水分は物を劣化させ、カビを発生させる原因にもなる事から、コピー用紙の保管においても十分な配慮を必要とします。湿度の問題を解決するためには、保管場所に配慮が必要でしょう。コピー用紙のストックに適した保管場所としては、できれば通気性の良い湿気のこもらない場所が有効です。また、定期的に風通しをよくするよう換気を行う事が湿気対策になります。

保管の周囲に注意!コピー用紙を変形させない配慮

コピー用紙は、薄い紙である事から、外からの力で簡単に変形してしまいます。特に長期間加えられた外からの力により、元に戻らない可能性が高いですね。もし紙が変形してしまうと、見栄えが悪いというだけでなく、コピー機やプリンターの紙詰まりの原因にもなりかねません。コピー用紙にとって変形を防ぐことが出来る保管場所としては、コピー用紙の周りの物品に気をつける必要があります。できるだけコピー用紙の周りのスペースを空けておく事も対策方法です。

コピー用紙は、薄手の低価格のものや上質の厚めのものまで様々あります。試し刷り程度に使うのか、長期保管をするのか、文字だけか、写真やイラストなどが入るか等、使用用途に合わせて数種類用意しとけば安心です。

Comments are closed.